ストレスから解放され安心につつまれる場所

弘前市が進める『樹木・桔梗野地区計画』
によって開発される低層住宅地区。
そこに生まれるのは、弘前市内最大級の47世帯が住まう
コミュニティ ニュータウン「サンヒルズ桔梗野」。

樹木・桔梗野地区は、なだらかな丘に位置し
ゆったりとした時の流れを感じる人気のエリアです。
地区計画では生活利便地区も同時に開発され、
複数の店舗からなるショッピングセンターが
目の前にできました。

サンヒルズ桔梗野のコンセプトは「ストレスフリー」。
雪国最大のストレスである雪片付け問題。
ニュータウン内の道路は散水消雪パイプが巡り、
宅地内の雪を処理できる融雪溝も設置されます。
また、ショッピング・医療・通勤通学にも便利な立地。
そんなストレスフリーな環境から、
住まう人たちの笑顔溢れる生活が始まります。

画像:サンヒルズ桔梗野の地図

青森県内初、ダブル融雪タウン。雪片付けのストレスを大幅に軽減!!

道路 散水消雪パイプ

一般の道路では深夜に除雪作業が入り、家の前に大量の堅い雪を置いていくことがあります。当分譲地内道路は消雪パイプから散水されて雪が積もらず除雪作業車が入りません。堅い雪片付け作業から解放される上、夜間の騒音もないのです。

  • 地下水を利用した融雪
  • 消雪パイプの水温は18℃を想定、
    雪溝に流入時の水温は10℃を想定
  • ※通常の場所は2℃

宅地内 融雪溝設置

融雪溝が整備されるため、住民はご自分の敷地の雪を捨てることができます。敷地内に雪を高く積み上げたり、わざわざトラックに積んで捨てに行ったりといった苦労がなくなります。

  • 投雪は朝と夕方2回想定
  • 融雪溝は等間隔に設置されている止水板で
    水を溜め雪を融かします

サンヒルズ桔梗野の散水融雪・融雪溝

消雪パイプから散水され雪を融かします。 消雪パイプから散水され雪を融かします。

キレイに雪が消えるため除雪車が入らず夜も静か!間口に置かれる堅い雪を片付ける重労働から解放されるのです!さらにサンヒルズ桔梗野なら、宅地内の雪を捨てる融雪溝もできるのです。
別途カーポートを付ければ除雪のストレスから解放されます。

地区計画の概要

近隣ならびに地区計画内の良好な住居環境を保持しながら、住民の日常消費生活の利便性の向上を図るため、幅員12mの都市計画道路沿道の立地を活かし、周辺の環境・景観と調和した良好な開発を誘導し、まとまりのある市街地の形成と保全、並びに地下水を利用した雪処理により環境負荷を低減させた次世代型の街づくりを目標とする。

【地区施設整備の方針】

  • 日常的な憩いの場としての街区公園を整備する。
  • 地区内住環境保全のためごみ集積場を適正に配置する。
  • 地区内道路には道路融雪施設や宅地内の雪処理施設を同時に整備。

【建築物等に関する事項】

  • 建築する事のできる建築物→住宅、兼用住宅、共同住宅、それらに附属するもの。
  • 敷地は165 ㎡以上。
  • 建物の高さは地盤面から9m以下、軒の高さは地盤面から7m以下にする。
  • 屋根の色彩は落ち着いた色調→茶、深緑、無彩色を基調とする。
  • 屋根の形状は無落雪屋根又はそれと同等の処置をした形態とする。
  • ただし敷地面積が230㎡以上の場合はこの限りではない。
  • 建築物の外壁またはこれに代わる柱の色彩→原色の使用を避け落ち着いた色を基調とする。
  • 壁面の位置は道路に接する部分の敷地境界線からは1.5mとする。ただし車庫、物置などの附属建築物については敷地境界線から1m とする。
  • 垣または柵の構造は生垣もしくは透視可能な構造とし、高さ1.5m程度にする。